ワカチアウトユウコト


ワカチアウトユウコト
 

七輪の車に乗ったある志願者たちは森の奥深くの方へ
一人が歌い出す「合間に I’m so manic maniac and dirty
悲しきACコンセントなのです。」

青春とは如何せん難しい脳をはたらかせるのか
隣人の芝生が単に藍いだけなのか
周囲の明るさや街の明るさに
照らされてやたら空なカラダながら生きさせて頂いております
メジャーな青春小説読んでた割に
東横線の駅では一人きりきりに見上げる sky sky

警察官になるには soul of duty power of duty
努力を惜しまぬ心を持って視力をついでに持ち合わせ
「デキル kill kills kill kill 手切る切る」
ハートの健康じゃなきゃ!

青春とは何か難しい脳をはたらかせるのか
こっちの芝生は絶対に赤黒い
教室のひび割れと切れた蛍光灯
世界の暗い部分の微妙な表現の一部 演出家の企み
そしたらたらたらとたらたりと青春だから
自殺と無縁になりきれなくても少しはという次第 期待した

君と全て分かち合うというのは プラスとマイナスの平均化です
君と僕が混ざり合うというのが プラスとマイナスのかけ算ならば
きっと僕は君を不幸にする きっと君は不幸にされるんだ
それなら僕は自力でいいよ でいいよ がいいよ

苦しみ出した女子高生 ドアを開け外に飛び出した
そこで全ては失敗なのに他の奴も飛び出した 怯気づいた
女子高生は泣き出した 「生きたい生きたい生きたい」
まにっくは歌い出す 「でも “I wanna die” is TRUE isn’t it?」

外因性か内因性か第三者がハッキリさせても
その原因が今もうなくなった過去のことなら
この悪性の頭から悪い部分をレーザーで焼くんでしょ
それとも過去を乗り越えられないという台詞一つで済むことかな
独学が厳しいから克服うんぬんかんぬんの塾に行かなきゃならない

君と上手く会話出来てないのは 少しばかし負担には思うけど
君がそれを望むのならいいよ

生きたい気持ちが大きくなってく 死にたい気持ちも大きくなってく
僕の気持ちは膨らみ続けてゆく

「まにっく、行く場所が無いと死ぬしかないかなぁ
 俺はまだ中学生だからなんて馬鹿だったんだな

 でもさ、生きたい気持ち一つじゃ
 ここからの出発は無理なのかなぁ
 体力と視力がせめてあれば」

感情破壊がホントはいいのに 出来てりゃ今頃苦労してないのに
ホントのホントはもっと素直でも許されながら生きたい
人と何か分かち合うというのが 幸せの形にあり得るとして
僕と何か分かち合うというのが 君の嬉びにあり得るといいな

君がいたから死にたいと思ったよ 君がいたから生きたいと思ったよ
君がいたから 君がいたから 僕は 僕は

「ねぇ生きたい気持ちも俺ら分かち合えるかな」


DSC_0313
ワカチアウトユウコト