the faintheart see the east


the faintheart see the east
 

歌われた事が無い事など無い
てがな言葉を並べる動体は
残されたこんな喜怒哀楽さえ
捨てないでくれる君が好きだった

仮名遣いを間違えていた 物心は本当に着いているのか

悲しい事は一つ一つ噛み砕こうとしなくても夜になれば否応も無く夢に出て来るから
なんにも考えないで 巧く笑い飛ばせ
こんな自分が嫌いになる

誰もが気楽に生きているように
感じるだなんて時代遅れだって
誰もが孤独を隠している事
常識だなんて勘違いだって

自分の事しかわからない この言葉も嘯きだけど信じない

楽しい事は温かくて涙しそうにもなるけど
君とこんな時間をまだ過ごし続けていたいから
悟られたくはない
巧く笑い飛ばせ
こんな自分が嫌いリアル

シャーペンの芯出した時に自分の左の二の腕突き刺したくて突き刺したくて でも君の笑顔が浮かんで

歌われた事が無い事を歌えたよ
東からの希望を一緒に迎えよう


DSC_0655
the faintheart see the east