れもん


れもん
 

24時間同じものなんて僕は持ってない
大切にしていた写真は埃を掃うための毎日の作業が祟った

永遠に変わらないものが絆になって
時間の中でいくらか何度も手を取り合って
世界を下手に上手に過ごしていく

いくらか何度も手を取り合って
君と

「大丈夫!楽しく生きていこう」
「ありがとう!確かに言う通りだね」
何気ないその世界観 大切になっているんだ
君と春夏秋冬を見たい

花びらも雪も小川に流れ昨日切なく感じたって今日は清々しく、思う

いくらか何度も手を取り合って
君と歳を取ろう

目の前に立ち込めるムードが
沈んでいても君は打ち払うんだろ?
筋状に連なった光が 僕らの前に広がって
まるでそれは太陽の花みたい

「大丈夫!何も保証はないけど…」
「ありがとう!少し元気出たよ」
だってもう途中から 嬉し涙になった
まるで心、太陽に照らされた

大丈夫!オレンジジュースも美味しい
ありがとう!微炭酸レモンも
ファミレスに長居して 店員にちょっと注意されて
日常はこんなに愛おしい
日常はこんなに愛おしい
日常は今日も愛おしい


れもん