仲間外れクン


仲間外れクン
 

カナシミなら差し出して
クルシミなら和らぐように

どうして僕は嫌われてるんだ
どうしていつも我がままなんだ
どうして泣きたい時に泣けない
どうして言葉が届かないんだ
いつでも孤独は孤独のまんま
どうして僕は笑ってられんだ
いつでもどこかで影口言われ
それでも僕が生きている

悲しいなら強くなるんだ
泣きたい時に泣ける強さを
苦しいなら優しくなって
他人の痛みが分かるようにさ

生きてやるんだ 殺されるまで
どんな夜に死んだって後悔しないように
自分で自分を殺すなんて
絶対君は怒るのだろう

ねぇ一緒に生き抜こうぜ 殺されるまで
俺だって一度は笑い合いたいんだ
死のうとする時の感情を
知る必要性は無い ダイジョブ

生きてやろうじゃん 殺されるまで
死ぬ気で一度はガンバってみたいんだ
自殺も殺略も もうしないでいて
する必要は無い ダイジョウブ
いつか世界は僕を殺すから

いつか僕なんかでも笑い合えるかな、、、君と。


仲間外れクン

あるロマンス、ここに。
嫌味 | まとまらずにいる詩 | 模造フール | 太陽光と君 | 泣き止む | Let up | カゲロウ | メロディースタイル | I’m E.O.P | Back Street | 仲間外れクン | blood-stained hands | | 歩道橋 | +αあした⊥ 黄昏