メロディースタイル


メロディースタイル

時間はとても止めどないものでしょう?
勇者が求めるものは何?
分かる範囲でいい

最高級のティーセットを運んでくるウェイター
あなたが少しがっかりするから
少し強く蹴ってみたら。

扉の先は惑星の光に包まれてて
引き返す方が怖いわ
万が一のためにドアを開け放していて
あと鍵も捨てる

ライフルよりもあなたは危険なの
だっていつも胸を撃つ言葉は
今は日常の一つよ

いつものようにメロディーを付けてほしいの
消しゴムは使わないでほしいの
今日は欲張りな気分だから

扉の先の荒野をいつかたくさんの歌で満たすわ
そして光で浜辺の砂になって
海と大地を広げていきたいと思う

まぁ否定も確かなままだけど
あなたがどの道扉を開けてくれて
歌とあなたがいるのはこの社会だから
もう少しいるつもり、

扉の先で時計が動くわ
悲しみもあなたとの数少ない接点なの
だから一生消えないものね
悲しみのない世界は諦めるわ
他の悲しみは消えてしまえ!


メロディースタイル

あるロマンス、ここに。
嫌味 | まとまらずにいる詩 | 模造フール | 太陽光と君 | 泣き止む | Let up | カゲロウ | メロディースタイル | I’m E.O.P | Back Street | 仲間外れクン | blood-stained hands | | 歩道橋 | +αあした⊥ 黄昏