奇抜


奇抜
 

僕がどんな風に感覚を持つのか
裸になればなる程陳腐になるのを
理解すれば自殺止められないな

降伏するよ
死なせてくれ
無理なら一般的な感受性を施してくれ

もし心が一つの銃弾なら
言葉や動きは拳銃の形だ
誰を殺すか空を撃つのか
引き金を引いても自覚出来ないかもしれない

死んだ所で
孤独は不変だ
嫌なら心広い御友達を増やしていけ

きっと僕にも才能があるから
まともに生活が出来るはずが無い
芸術的でも社会的にも誰も
満たせない負の才能を隠しきれない

生きてりゃいつか可能性もあるだろう
昔はわかってた希望は今やもう消えた

今どこかで誰かが死んだら
誰かが何かしか感じるという事
いとも容易に人口は増えると
口にして口にしても身近になどなり得ない
あり得ない


DSC_0524
奇抜

芸術サイエンス、オープン。
愛のジャズ | vocabulary | hedonism | magician | blight bona fide | コドクな撮影機と星座の降る空 | 生きる | 奇抜 | カラスと猫 | Spira ‘te Dvořák against The Meeshtarcz | 果てしなき… (Presto assai)