カゲロウ


カゲロウ
 

Let up

満月 辺りはガレキだった
友は何処へ去ったのだろう
気づけば三次元 片隅歩く
無くした物が荒野に広がる
そこで一人きりでいる

僕を照らすのは暗がりで
涙を流しては屈折した
輝く黄昏 虹が消える
今からでも旅を始めませんか
哀しみが和らぐように

open this door
after dusk
Heat haze
shimmering

繰り返す感情の中で
暗がりは悲観になりがち
夜風が扉をこじ開けるから
僕の中に月光が差し込む
空しくも優しく包まれる

open the door
it’ll dawn

open the door
after dusk
Heat haze
shimmering
Let up
Let up ネェ 笑イ合イタイ

痛い


カゲロウ

あるロマンス、ここに。
嫌味 | まとまらずにいる詩 | 模造フール | 太陽光と君 | 泣き止む | Let up | カゲロウ | メロディースタイル | I’m E.O.P | Back Street | 仲間外れクン | blood-stained hands | | 歩道橋 | +αあした⊥ 黄昏