嫌味


嫌味
 

一体 これは何だ? どうでもいいんだ
考えていたいことだけ 考えていればいいや
言いたいことは言えず 聞きたい言葉聞けず
ならせめて心だけは 自由に考えさせてやりたいんだ

一言注意出来んのは
人は醜いから君も俺も醜いってこと
それでも偽善でも
優しくなれる君はいいね

大体 およそミンナ 気持ち悪いんだ
いっそ否定される方が それはそれで楽なんだし
苦し紛れだった 気持ち悪いんだ
だって否定してる方が 肯定するよりも笑顔は消えないし

もう充分だろう 俺を嫌ってるんだろ
言動と視線が無くたって傍に寄れば
お互い感じ取れる 離れたい

だから愛されるまで 愛さない方がいいって知っている
君はまだ気付いてないから
俺の方が勝っている

一体 未来なんて 息苦しいんだろ
誰か主張する度に 俺は間違った存在
多分俺もきっと 本当のところは
肯定されたい気持ちの塊でしかないし

イッタイ キミハ誰ダ? ドウデモイインダ
I don’t want to know who you are そもそも興味ないし
大体 僕は何で 気持ち悪いんだ
世界なんてそんなもんだろ 除外されるのが道理なんだから


嫌味

あるロマンス、ここに。
嫌味 | まとまらずにいる詩 | 模造フール | 太陽光と君 | 泣き止む | Let up | カゲロウ | メロディースタイル | I’m E.O.P | Back Street | 仲間外れクン | blood-stained hands | | 歩道橋 | +αあした⊥ 黄昏