春が待ってる。行こう。


春が待ってる。行こう。
 

太陽は何も見ていない 心もない
人じゃないんだ
きっと僕とは違う自己認識で
違う季節感覚だ

なんてね 思ってね

半袖では少し肌寒いような温度の九月だ
これから死ぬまでの悲しみ
を全部今のうちに過ごせればな

元気なうちに
君と会えたらな 君と話せたらな
色んな思い出を笑ったりして そんなもしかしたらな あー

一斉攻撃 構えて攻撃 僕の攻撃 一秒も余すことなく
優しくしたいのに

矛盾を許すなんて
頭ではわかってるよ
解決しないことばかり
すごく人間らしいのに人間らしくない

なんてね どうして
どうして 思ってしまうんだ
あの日僕が代わりに死んでいれば君は対話の意味を履き違えずにいたかな
あの日のことなんて忘れていかなきゃ生活が回らないもんなぁ
元気なうちに
呪いを解いてほしい 願いを叶えてほしい
世界中に対話が生まれたりして そんなもしかしたらな

元気なうちに
君が会いに来て 君が普通に笑ってて
優しい未来が風にゆらめいて そんな冬が始まって あー

元気なうちに
生きててよかったな 君に会えてよかったな
優しいニュースが通り抜けて そんなもしかしたらな あー

一斉攻撃が終わって 構えて攻撃なんてしないで
僕はもう誰も傷付けないで
一秒も余すことなく 君と話し続けたい
君と話し続けたい


DSC_0318
春が待ってる。行こう。