同級生


同級生
 

ミンナ同じドアを開けてきれいに並べられ
酸素が薄くなって心地がない

服 景色 同じ声聞いて
これで統治されたつもりのヒト

裏側なんて知らなきゃよかった
私利私欲が上手に絡んだ階級社会 警戒しなきゃやべぇ
これ君の瞳の色だろう

袖の中に忍ばせてた鋭利な恨みが
法の無い時間に姿を出すんだ

金を隠せ 盗られるだろう
わざわざ言ってやってんだぜ

大体ミンナ狂ってるんだ
親友だと思っていても簡単に売られちゃうんだぜ
いい加減誰も信じたくねぇ

ない 死にたくない でも生きたくない
逃げたい 狂いそう 不審 人間不信です

表側さえも知らなきゃよかった
たやすく人を見下したそんな目でこっちを見んじゃねぇ

…これ俺の瞳の色?

ミンナ同じドアを開けて笑顔で帰ってく
これが生きるという心地なんだろう


DSC_0170
同級生